交通事故後の症状を根本から改善

交通事故後の後遺症について

交通事故にあった直後というのは興奮しており、自分の痛みを冷静に判断することが難しいことがあります。

またむち打ち(頚部捻挫)の症状で多いのがしばらくしてから痛みが出ること。病院でレントゲン検査などの画像検査をしても、むち打ちは映らないため異常が無いと判断されます。しかしむち打ちの後遺症を侮ってはいけません。

いつまでも首がうずいたり、痛みや違和感が残っていたり、事故前より疲れやすくなった、腰痛や肩こりがひどくなったというケースもあります。事故後数カ月たって症状が出ることもあるのです。

体の症状が軽くても軽視せずに、しっかりと対処させていただきます。

整骨院ふぉるての交通事故治療

交通事故に遭い、病院に行かれる方が多いと思いますが、整形外科と整骨院の違いをご存じない方もいらっしゃいます。

整形外科では骨折などを調べるレントゲンや精密検査を行い、痛み止めなどの薬の処方ができますが、リハビリに関しては設備がある場所でないと受けることができません。

それに対し整骨院では検査や薬の処方は出来ませんが、1人1人の症状に合わせて体全体の回復を目指し治療していきます。患者さまが1日でも早く事故前の日常を取り戻すために、早期回復のための治療を行っていきます。痛みが強い場合は、ハイボルテージ療法を行います。電気刺激を与えることで深い患部でもダイレクトに作用する効果的な治療法です。また鍼灸治療や骨盤などの矯正を行いながら、より効果的に痛みを取っていきます。丁寧な施術、早期回復を望まれるのなら是非当院にお越しください。

整骨院でも自賠責保険が認められています!

交通事故で自賠責保険の慰謝料の対象になるのは、病院の治療だけだと思っている方が多くいらっしゃいます。捻挫や打撲、挫傷といった外傷治療で整骨院を利用することは、自賠責で認められています。

体のケア、心のケアもいたします

交通事故は突然のことで、怪我の重さによって不安な気持ちになることが多いと思います。「いつになったら日常生活を取り戻せるのか」「少しでも早く痛みを取り除きたい」そんなお気持ちを是非お聞かせください。